disease G

大動脈疾患

大動脈瘤は、動脈壁の全周または一部が生理的限界を超えて拡張した状態、または正常最大血管の1.5倍以上の拡大がおこった状態であるとされています。
例えば、胸部なら4.5cm、腹部なら3cm以上の径であることになります。また、大動脈瘤は部位によって分類され(胸部、腹部、胸腹部等)、治療方針が異なってきます。
胸部や胸腹部瘤は50~60歳に多く、腹部瘤は60~70歳に多いとされ、いずれも男性に多いのが特徴です。
自覚症状は基本的には無症状であることが特徴で、多くは検診などで胸部レントゲンや腹部の触診、腹部超音波検査等で偶然発見されることが多いですが、瘤の場所や大きさによっては周辺臓器への圧迫や瘤の増大、瘤内の血栓などによる症状が出現することがあります。

例えば、胸部瘤では食道圧迫による嚥下障害、気管や気管支、肺の圧迫による咳や血痰、呼吸困難等、腹部瘤では消化管の圧迫による腹部不快感や腹痛、嘔吐などがみられます。
診断は、単純レントゲン写真やCT、血管造影検査、超音波検、MRI等を使用します。
大動脈瘤の治療は根本的に改善させる内科的治療は存在せず、いつ手術をするかが一番大切な問題となります。基本的に胸部瘤は5.5~6cm以上、胸腹部は6cm、腹部瘤は4~5cmが手術適応とされます。この他にも瘤の破裂や切迫破裂、瘤による合併症をきたした場合は早急に手術が必要です。

解離性大動脈瘤 

解離性大動脈瘤は動脈が中膜のところで二層に剥離して、2腔となった状態をいいます。
隔壁によって、本来の動脈腔と動脈壁内に新しくできた腔の2腔が作られ、良腔は交通しています。
解離の原因は不明ですが、動脈の脆弱性や高血圧などの背景因子などの関連が言われています。
発症時は、胸痛や背部痛などの症状があることが多く、その際に心電図や胸部レントゲン写真、CT、経食道エコーなどを使用して診断されます。
治療の原則は、急性期破裂や心タンポナーデ、臓器障害の予防が大切で、そのためには緊急外科的治療が必要なことがあります。


全身の動脈硬化症の一部として上下肢の動脈の閉塞、狭窄がおこり、末梢筋組織が虚血状態になる病気です。
症状は程度によって4段階にわかれます(表:Fontaine分類)。
診断には足関節/上腕血圧比(API)をはじめ超音波検査、MRI、サーモグラフィ、血管造影などが用いられます。治療は内科的治療、カテーテルによる治療、手術による治療があります。
軽症例では運動療法や、薬物療法を行い、中等度以上ではカテーテルや手術による血行再建を中心に薬物療法を併用します。喫煙習慣のある若い男性に好発して、主に四肢の中小動・静脈が炎症性病変に侵され、血栓で閉塞する慢性動脈閉塞性疾患です。
特徴としては血管炎による慢性血栓症と動脈閉塞による末梢循環障害ですが、原因は不明です。症状は、閉塞性動脈硬化症と同様の阻血症状に加え、炎症症状としての遊走性血栓静脈炎が出現します。
この静脈炎は四肢、特に同一肢の表在静脈に再発を繰り返すことから遊走性と呼ばれます。
治療はまず禁煙と薬物治療です。そして薬物投与で改善しない時にのみ外科的治療の対象となります。