condition f

ボーっとする、めまい(フワっとした感じ)、気を失うことがある

心臓の病気では不整脈 ・大動脈弁狭窄症が最も疑われます。脳に十分な血流を送り出せなくなる場合このような症状が出現します。

徐脈性不整脈 

徐脈性不整脈(洞不全症候群・房室ブロック)では心臓の動く回数が通常より少なくなるため脳の血流が低下します。

頻脈性不整脈 

頻脈性不整脈(心室性頻拍など)では心臓が多く動き過ぎて空回りしてしまいます。
これらは突然死の原因にもなり早い対策を練ることが必要です。

現在ペースメーカーや植え込み型除細動器(ICD)といった治療もすすんでおります。

大動脈弁狭窄症のように心臓の出口が狭くなり血液を拍出しにくくなる病気の場合にも出現します。