虚血性心疾患

虚血性心疾患とは、全身に血液を送り出すためのポンプの働きをする心臓の心筋に、充分な血液が供給されないために生じる病気です。

心筋に血液を供給する冠状動脈が動脈硬化を起こすことによって生じます。冠動脈疾患あるいは冠動脈硬化症などは虚血性心疾患とほぼ同様の病態を示す言葉です。

虚血性心疾患と呼ばれる心臓の病気には、心筋梗塞と狭心症という病気があります。

狭心症は心臓に血液を供給する冠状動脈が、動脈硬化によって細く狭窄することで生じます。

運動や仕事などの労作をおこなうと、身体はより多くの血液の供給を必要とします。

このため、血液を全身に送り出すポンプの働きをする心臓の仕事量も増大します。仕事量の増加に伴って心筋もより多くの血液の供給を必要としますが、心筋に血液を供給する冠動脈に狭窄があった場合、血液の供給は妨げられます。

このように、心臓、心筋が必要とするだけの血液が冠動脈の動脈硬化によって充分に供給されないことで生じる病態が狭心症です。

狭心症は心筋梗塞と異なり、冠動脈は完全閉塞しているわけではないので、心筋壊死は生じていません。しかし、放置しているといずれ心筋梗塞に進展する可能性をもった病気です。

 狭心症の治療について  


狭心症の治療としては、薬物療法が行われますが、病状によっては経皮的冠動脈形成術や冠動脈バイパス術も行われます。

心筋梗塞は心臓に血液を供給する冠状動脈が、動脈硬化によって完全に閉塞することで生じます。冠動脈が完全閉塞することから、心筋には血液の供給が途絶えることになり、心筋細胞は壊死を起こします。

心筋細胞が壊死を起こすということは、心臓の一部が壊死を起こすということです。壊死の範囲が大きければ、心臓は血液を全身に送り出すポンプとしての働きができなくなります。

心臓から充分な血液が全身に送られなければ人間は生きていくことはできなくなります。

心筋梗塞は直接死につながる大変恐ろしい病気です。

 急性心筋梗塞の治療について 

急性心梗塞や不安定狭心症の責任病変には血栓や脂質成分に富んだプラークが存在する。
この病変に対して冠動脈形成術を施行すると、血栓やプラーク内容物が血流に乗って流れて行き、末梢の細い血管に詰まってその領域の心筋細胞が死んでしまう。そのために心筋梗塞が広くなり心臓の機能も悪くなる。

 心筋梗塞症例の内視鏡像(動画)血栓の遊離 

最近、これを予防するための器具が使われるようになった。
まず、狭窄/閉塞病変の末梢血管内で風船を膨らませて血栓やプラーク内容物が流れて行かないようにしておいて冠動脈形成術を施行する。
そして、血管内に溜まっている血栓やプラーク内容物を吸引除去した後、風船をしぼませて血流を再開させる。このような末梢保護ディバイスが今後広く用いられるようになるだろう。