disease b

不整脈
 不整脈といわれたら 

 心臓は安静にしている時には通常1分間に60-100回規則正しく拍動しています。これは心臓の中の右心房にある”洞”というところから電気刺激が規則正しく発せられ、それが心臓の隅々にまで伝わっているからです。

この電気刺激の回数は全身の必要にあわせて増えたり減ったりするのが正常です。

例えば階段を上ったりすると心拍数は120-130回毎分に増えますし、眠っている間には50-60回毎分に減少します。

不整脈はこの脈拍の異常に関係するもので、たくさんの種類があり最も頻繁に見られる心臓病の一つです。

大きく分類すると、
(1)洞結節から出る電気刺激の回数が必要に合わせて変化せず、極端に早くなったり、遅くなったりする場合、
(2)洞結節以外のところから電気の刺激が発生してしまう場合、
(3)電気の刺激を伝える電線が途中で切れてしまうため、心拍数が遅くなってしまう場合、などがあります。

不整脈には緊急に処置をしないと命取りになってしまうものから、放置しておいて良いものまであります。
動悸や脈が飛ぶ、ふらつきや失神があるなど不整脈と関係がある可能性がある症状がある場合はもちろん、無症状であっても健康診断などで不整脈を指摘された場合は心臓のほかの部分に異常がないかどうかを調べる必要があります。

 不整脈の治療について 

不整脈は上に挙げた(1)~(3)の分け方のほかに、器質的な心疾患を伴なうものと伴なわないものに分けることができます。
器質的な心疾患というのは、心臓の筋肉、その筋肉に栄養を送る冠状動脈、血液を一方向に流すように働く弁などに異常がある場合です。
このような心臓の部品の調子が悪くなったために発生してくる不整脈は、その部品の治療も同時に行わないといけません。部品の治療を行うことで不整脈自体には直接治療薬などを使わなくても良い場合もあるほどです。
逆に器質的な心疾患がない場合の不整脈は種類によっては放置して良い場合もあります。

代表的な不整脈についての概要を説明させていただきます。

1:心房性期外収縮
心房の中で洞結節以外のところから電気刺激が突然発生するもので、洞結節から正常な電気刺激が出てくるよりも早いタイミングで出てきます。
1回だけのものから連続して数回~数十回続くものまであります。心臓の弁に異常がある場合やなんらかの原因によって心房に負荷がかかっているために発生する場合は、その原因となっている心疾患を治療する必要があります。
日常生活でのストレスや不眠・喫煙などが誘引になっていることも多いので、外来検査などで心房性期外収縮以外には異常がないとわかった場合には生活習慣を変える必要があります。生活習慣を変えても続く場合でも、通常強い症状が無いのなら投薬治療などは必要としません。

2:心室性期外収縮
心室の中から電気刺激が発生するもので、洞結節から正常な電気刺激が出てその発生源に到着するよりも早いタイミングで出てきます。1回だけのものから連続して数回~数十回続くもの(特に心室頻拍と呼ばれます)まであります。
高血圧や狭心症・心筋梗塞などで心臓の筋肉が弱っている場合には要注意ですが、特にそのような病気が無い場合には少々数が多くても症状が無ければ定期的に検査をするくらいで良いのが通常です。
症状がある場合には特に器質的な心疾患がなくても薬物治療をする場合もありますが、一般に不整脈の薬は副作用も少なくないので慎重に適応を判断する必要があります。

3.心房細動
不整脈の中でも頻度の多いもので、高齢者では10%くらいに見られるとの報告もあります。
心房に電気の波が”さざなみ”のように起きる不整脈で、心房が”けいれん”したようになります。発作性の場合と慢性化した場合がありますが、器質的な心疾患を合併している場合にはそちらのほうの治療をあわせて行わないといけないのは他の不整脈と同様です。
発作性の場合は予防のために内服治療をしたり、最近ではカテーテル治療も行われ始めています。
また発作性のものでも、心房がけいれんした状態で何日も経つと、心房の中に血栓という血の塊ができて脳梗塞の原因となるため、発作頻度が多いと血栓の予防治療も必要な場合もあります。
慢性化したもののうち、高齢、高血圧症、心臓の収縮機能低下がある、僧房弁膜症など血栓のできる可能性が高い場合には特に血栓の予防的治療が重要となってきます。

4.発作性上室性頻拍
頻脈性不整脈のカテーテル治療の部分を参照してください。

5.洞不全症候群
洞結節から発生する電気刺激の回数が極端に少なくなってめまい・ふらつきや失神などを起こすことがある不整脈です。特に症状を伴なう場合にはペースメーカーという機械を体内に植え込む必要があります。(ペースメーカーについては・・・を参照してください)

6.心室頻拍、心室細動
心室性期外収縮のように異常な電気的興奮が心室から連続して発生するものが心室頻拍です。
それが30秒以上続く場合や血圧が低下して意識がなくなってしまうような場合にはなんらかの治療が必要になってきます。
合併する心疾患の治療はもちろん確かに効くという薬を見つけたり、カテーテルで発生源を焼灼するといった治療が必要となります。
そのような治療でも問題となる心室頻拍を十分に押さえ込むことができない場合には、植え込み型除細動器という機械を体内に植え込む必要があります。
植え込み型除細動器は大きめのペースメーカーのような機械で自動的に心室頻拍を検出し、電気刺激で止めたり、それでとまらない場合は弱い電気ショックで止めたりすることができる装置です。
心室細動も特に器質的心疾患がなくても発生することがあり、その場合には多くの場合植え込み型除細動器による治療が必要となります。