disease c

高血圧性心疾患

高血圧の状態が長く継続すると、高血圧の影響を受け、心臓に
大きな負荷がかかります。
最初のうちは、心臓も負荷に対抗しようとします。その結果、筋肉トレーニングと同じように心臓の筋肉は分厚く肥大します。
この際には特に自覚症状を認めません。しかしながら、この状態が長く続くと、肥大した心筋でも対抗することができなくなり、収縮不全を来します。
この様な状態になると、心不全の原因となります。これら一連の状態を総じて高血圧性心疾患といいます。

高血圧性心疾患の状態把握のためには、病歴、胸部レントゲン、心エコー検査、心臓カテーテル検査、心筋生検が必要になります。全てを総合して、診断を行う必要があります。
高血圧性心疾患に対しては何よりも重要なことは、 血圧を正常化し、心筋保護を行うことです。心不全を認める場合には、負荷を軽減する目的に利尿剤が使用されます。