disease d

弁膜症

心臓の中には、逆流を防ぐために4つの弁が存在します。左心房と左心室を結ぶ弁を僧房弁、左心室と大動脈を結ぶ弁を大動脈弁、右心房と右心室を結ぶ弁を三尖弁、右心室と肺動脈を結ぶ弁を肺動脈弁といいます。
それらの弁が障害される病気が弁膜症です。

主に問題となるのは左心室に関係する弁、僧房弁と大動脈弁です。なぜなら、左心室に関連する弁には、左心室から拍出される血流による強い圧力をうけるため、大きな負担がかかるからです。

その結果、障害を受けやすく、障害による影響も強く出るわけです。 しかしながら、肺動脈弁、三尖弁が問題となる病態ももちろんあります。

弁膜症には大きくわけて逆流症と狭窄症があります。

 逆流症 

逆流症には弁が変性してきちんと閉じなくなったために正常の血流の逆方向に血液が戻ってきてしまう現象です。

 狭窄症 

狭窄症は弁膜が厚くなったり,堅くなったりしてしなやかな動きができなくなり,こわばって血流を妨げるようになる現象です。

また狭窄と逆流が同時におこることもあります。弁膜症による心臓への負担が強ければ、心不全の原因となります。

弁膜症の程度、心臓への負担の程度を評価するのには聴診、胸部レントゲン、心エコー検査を用います。
特に心エコー検査は弁膜症を評価するのに非常に重要な検査です。

弁膜症が軽度であれば経過観察で十分です。しかしながら重度となると治療が必要であり、心負荷を軽減する目的に利尿剤などが使用されます。しかしこれは対症療法であり、根治療法としては、手術など侵襲的な方法が必要になります。